三菱自動車、2018年度3Q決算ハイライト|各地でアウトランダーほか好調

三菱自動車2018年度 第3四半期決算 表紙

今回は、三菱自動車工業の2018年度「第3四半期決算」を振り返ってみたい。尚、いつもながら当ブログは車情報ブログなので、会社の財務ではなく車の販売動向に話を絞っている。

結論から言うと、主力のASEAN地域の他、先進各国でも対前年比で販売台数を伸ばしている。

販売台数実績

三菱自動車2018年度 第3四半期決算『販売台数実績』

上記は販売台数のまとめである。2018年度第3四半期はグローバルで販売台数を伸ばすことができたようだ。特に主力地域であるASEAN、オセアニア地域で増加幅が大きい。

アセアン

三菱自動車2018年度 第3四半期決算「地域別実績:アセアン」

ASEAN地域の内訳である。主にはタイ、フィリピン、インドネシアで販売を伸ばしている。車種として『エクスパンダー』の販売が好調なようだ。『エクスパンダー』は日本未導入車であるが、ミニバンとSUVをクロスオーバーした車種である。

タイでは『トライトン』が好調とある。『トライトン』はいわゆるピックアップトラックだ。

オセアニア

三菱自動車2018年度 第3四半期決算「地域別実績:豪州NZ」

オセアニア地域はASEANに比べれば微増といった感じか。しかし販売シェアでは両国とも4位につけているようだ。なかなか優秀である。写真ではパジェロスポーツが紹介されている。

北米

三菱自動車2018年度 第3四半期決算「地域別実績:北米」

北米では前年比9%の増加だったようだ。車種しては『アウトランダーPHEV』『エクリプスクロス』が販売台数に貢献したとある。

中国

三菱自動車2018年度 第3四半期決算「地域別実績:中国」

景気減速が心配された中国であるが、販売台数は前年比3%の増加だったようだ。車種では『エクリプスクロス』『アウトランダー』が販売に貢献とある。

日本

三菱自動車2018年度 第3四半期決算「地域別実績:日本」

日本においては前年比11%増加だった。なかなか良い数字に見える。こちらも『エクリプスクロス』と『アウトランダーPHEV』が増加しているようだ。

欧州

三菱自動車2018年度 第3四半期決算「地域別実績:欧州」

ロシアを含む欧州地域では前年比29%と大幅に増加している。こちらでもやはり『アウトランダーPHEV』が貢献しているようだ。

その他・新興国

三菱自動車2018年度 第3四半期決算「地域別実績:中南米・中東・アフリカ」

中南米、中東、アフリカ地域では前年比6%の増加。こちらではピックアップトラックの『トライトン』が紹介されている。

新車投入

三菱自動車2018年度 第3四半期決算「新車投入」

第3四半期に投入された車種として、ピックアップトラックの新型『トライトン』と、新型『デリカD:5』が紹介されている。

『トライトン』は昨年11月にタイより販売開始、残念ながら日本では未導入だ。『デリカD:5』は昨年11月に日本でも受注開始、やりすぎ感があるフロントマスクの外観が話題となった。

まとめ

三菱自動車2018年度 第3四半期決算 業績サマリー

最後に会社の業績まとめである。第3四半期までの累計(9ヶ月)で営業利益が前年比32%増となっている。

純利益は1%減となっているが、細かい資料を読むと主に為替が影響しているようだ。一方で本業の収益性を示す営業利益率は0.4ポイント改善している利益体制も良くなっていると言えそうだ。

車種では、『アウトランダー』、『アウトランダーPHEV』が全世界で好調なようだ。日本でも昨年発売した『エクリプスクロス』も好調なようだ。

www.mitsubishi-motors.com/jp/investors/library/earning.html